Genius356 猛獣使いの達人

乾のデータテニスが通用しない上に
切原赤也の目が充血し更にピンチとなる青学ペア。

赤也にふっ飛ばされた上に
メガネを踏み潰されてしまった乾…

試合を再開する前に柳蓮二が赤也の膝を
ラケットで膝カックン。

足をどかせて乾にメガネを返す。

そしてラケットを赤也の頭に乗せて
強引に頭を下げさせると、
赤也はああ!?と反発しようとする。

するとすかさずまた膝カックンして黙らせる。

まるで猛獣使いのよう…(笑)

忍足が丸メガネを貸してあげるも
実はそれは伊達メガネだった…

見えないうえに笑われてしまう乾だったが…
テニスバッグの中には同じ眼鏡が
たくさん用意してあったので問題なし!

少なくともまだ6つあるようです…用意周到(笑)

そして試合が再開。

乾は再度ウォーターフォールを放つも
もはやコースは完全に読まれてしまっていた。

海堂がしっかりしてくださいといいながら
フォローするも・・・

直後に蓮二が空蝉(うつせみ)を放つ。

全く跳ねず前に転がるドロップショット…

零式ドロップショットと同等の脅威的な技です!

立海の勢いは止まらずそのまま4-0と
さらにリードを続ける。

蓮二はダブルスで真価を発揮するタイプらしく
赤也がたとえ悪魔になったとしても
うまく操れるという実力者だった。

さすがビッグ3と呼ばれてるだけのことはあります。

そんな中ひとり粘っているのが海堂。

ショートスネイクなどで粘るも
赤也があの無慈悲なスマッシュを放つ!

これはやばいと思ったその瞬間!!!

思わぬことが起こる!

赤也と蓮二の真ん中を貫く軌跡が!!!

その二人すら全く動けないほどの直線ショット…

まさかこれはレーザービーム!?