Genius103 無敵の男

リョーマは一本足のスプリットステップを使うも
それすら阿久津には通用しなかった!

全く逆の方向に打たれるという
リョーマにとっては屈辱的で衝撃的なことが起こる…

阿久津は河村にこんなチビが俺に勝てるとでも
思ってるのか?と強い自負心を見せたのち、
さらに攻め続けあっという間に3連続連取する!

本来はリョーマが相手の動きを読み、
独特のステップを使うのだが、
阿久津の身体能力はそれすら上回ると
乾も認めざるをえなかった。

リョーマが動いてから打つ方向を変えるという
信じられないことができるのは優れたボディバランスと
テニスプレイヤーとしての素質。

不二が越前が勝てる確率は?と聞いてくるも、
乾は答えることができないでいた。

しかし、ここからリョーマの攻めが始まります!

阿久津のサーブをギリギリまで構えも見せず待ち、
とても浅いロブを打ったのです。

そしてすかさずネット際にダッシュします。

これは乾曰く、打つ範囲を狭くする戦法。

阿久津のショットは強烈なので
後ろにいても打たれてからではおいつけない。

だが両者ともネット際に来れば
打てる範囲が狭まるので対処できる可能性が高くなる、
というわけです。

ただ、阿久津はさらにロブを上げて
意表をつく作戦を取ろうとします。

が、リョーマは逃げんの?と挑発します!

まんまと乗っていた阿久津は
いい度胸だ小僧ー!!と言いながら
強烈なショットをリョーマの顔面にぶち当てる!!!

これはまじで痛そうでリアルな状況でしたが・・・

ボールは阿久津の後ろにポーンと落ちた。

リョーマはあらかじめ顔の前にラケットを出していたのです!

阿久津は誰よりも早くその作戦に気づき、
たいした小僧だと思います。

リョーマの挑発はまだ続く。

ねえ1ポイントもとらせないんじゃなかったっけ?

まだまだだね

リョーマはなんともなかったようにムクッと起き上がる。

そんなリョーマをみて山吹顧問の判田は
昔見た人物とダブって見えていた。

天衣無縫の強さを持った彼と!

そう、越前南次郎です!

まだ判爺はリョーマと南次郎が親子だと知らない模様ですが、
そのうちわかるのではないかと思います。