Genius320 My Time

不二が第5のカウンター、
ヘカトンケイルの門番を使いだしてからは
無敵といえる強さを発揮する!

白石ですら全くネットを越えることができず、
ついに不二が5-5と追いつきます!

それでもまだまだ勢いは止まらない!

さすがの四天宝寺中の応援団にも
負けムードが漂い始めます。

だが、ここで白石が粘り始める!

よく見てみると…ネットにかかるボールが
徐々に上に上がってきていた!

不二の回転を打ち消す回転をかけることを
意識しながら打っていたようで、
あとボール2個分というところまで迫っていた。

不二もこれには怖いなぁと本音をもらす。

以前、手塚からこんなことを言われていた。

大阪の四天宝寺は千歳のほうが
要注意だと思っていたのだが、
手塚は白石蔵ノ介のほうが怖いと言い切ったのです。

まさに千歳が手塚よりも不二のほうが
要注意だと言っていた場面とダブります。

ここで不二が6-5と1ゲーム差をつける!

だがボールは着実に上へ上がってきていた…

試合の熱気は最高潮に達し
応援する声も大きくなってきます!

そして…ついにボールがネットの端に当たる!!!

だが惜しくもボールは手前に落ち、
不二のマッチポイントになります!!!

奇跡の逆転劇を見せた不二だったが
まだ何かが起こりそうな気配がします…