Genius168 長いラケットの男

不動峰は3勝1敗で山吹に勝利します。

阿久津がいたらわからなかったかもな、と
全国行きを決めても気迫ある真剣な表情をする橘。

一方、山吹の部長の南健太郎は穏やかです。

そうでもないさ、
不動峰の団結力を見せてもらったぜと
素直な感想をもらしていました。

千石は判爺にまた負けたと謝りつつ、
もう1回一から自分のテニスを変えることを宣言。

判爺も千石のテニスセンスは誰にも負けないと
思っていることから今後も成長しそうですね。

昼食タイムの青学陣にも色々情報が飛び交っていた。

神尾が千石をタイブレークで倒したこと、

昨年の優勝校である立海大付属と
千葉の古豪・六角中は順当にコマを進めたこと、

関東からは全国へ6チームいけるので
残り2チームはベスト8の中から決めること。

神尾と繋がりが深い海堂と桃城は
彼の勝利にピクッと反応し、

ベスト8校からの情報は
相変わらず物を口に入れながら
大声でしゃべる堀尾からもたらされた(笑)

そしてこんなうわさ話も飛び交う。

六角中の中に氷帝学園の練習試合において
100人斬りをやってのたけた男がいるという…

その男はとんでもなく長いラケットを使うらしい。

乾もまだ確認したわけではないので
詳細は全然わからない感じですが
それもまた不気味な様相を醸し出します。

菊丸英二はそんなことあるわけないって!
あーわかった 氷帝応援団100人じゃないの!?
と相変わらずの意見を出します(笑)

そして大石部長代理が九州にいる手塚から
みんなにメッセージが届いたことを伝えに来た!

その内容とは・・・

油断せず行こう

その一言だけだった(笑)

いつもと変わらない感じですが、
桃は行こうってところが
一緒にここで戦ってるって感じがしません?
と良い意味で解釈していた。

桃はこのあとリョーマを誘って
神尾をからかいに行くことにしますが、
リョーマは昼寝をしにどこかにいってしまっていた。

代わりに河村がいくことに。

もちろん冷やかしではなく、
石田の波動球をマネしちゃったから
一応断りをいれるために。

ラケットを持ったときとの
ギャップが本当に激しくて面白い(笑)

桃はデザートのババロアを手にウキウキしてます。

なんでもリョーマ親衛隊のあの娘(こ)たちが
差し入れてくれたらしい。

いつのまにかそんな肩書が生まれていたとは(笑)

と、ここで桃城が人にぶつかって
ババロアが宙に浮いてしまう。

その人物は・・・六角中だった!

しかもとんでもなく長いラケットを持っていた!

六角中2年 天根ヒカル

そのまま素通りするかと思いきや
いきなりラケットを下から上に振り上げる。

ラケットの先端にはババロアが乗っかっていた。

そして一言。

ジジイが食ってもババロア

いきなりギャグを言い始め、
自分でプッと笑い出す個性的なキャラ…

見た目はオールバックのくせ毛チックな
ワイルドな風貌なのですが…(笑)

一緒にいた3年の黒羽春風は
聞き飽きたぜと言いながらツッコミをいれます(笑)

どうやら日常茶飯事のようですね…

違う場所では不二周助が、
六角中3年の佐伯虎次郎と会話をしていた。

敵対するどころか聖ルドルフの練習試合で
弟の不二裕太のことを気遣ってる感じなので
どうやら仲の良い友達同士のようです。

どう 裕太君と仲直りした?

といい笑顔もしている上に
金髪のイケメンってことでかなりファンが出現しそう、
というかもう増殖しているかもしれません(笑)

そして佐伯によると今年の六角中の部長は
なんと1年生らしい!(佐伯が副部長)

あんまり自慢にならないんじゃ…と
不二は突っ込みますが(笑)

どうやらオジイと称される監督が決めたらしいですね。

部長になるだけあって半端じゃなくうまいらしく
氷帝100人斬りの天根と互角の実力者とのこと。

やはりあのウワサは本当だった!
しかしその100人がどんな選手達なのかは不明。

噂をすれば影。

2人の前に1年生部長・葵剣太郎が現れる。

以前、リョーマと試合を
したがっていた坊主頭の彼です。

汗をかくほどウォーミングアップをしているので
熱い性格の持ち主のようなイメージがあります。

葵剣太郎はそろそろ試合が始まることを
伝えに来たってことでいよいよ始まりそうですね!

不二は佐伯と別れたあと一人でこっそりつぶやく。

青学にも居るんだけどね スーパールーキー

その昼寝をしているスーパールーキーは木陰で昼寝中。

傍らにはファンタと手紙が置かれていました。

全国行きおめでとう。
準決勝がんばって リョーマ君へ

差出人はまず間違いなく竜崎桜乃でしょうね(^^)