Genius314 熱闘!青学VS四天宝寺

ついに青学と四天宝寺の激闘が始まります!

大きな会場に両校の選手が入場します!

屋根の開け閉めができるくらい大掛かりな会場で、
世界大会も開けるようなすごいところです。

これまでの会場とは別世界です!

最初の試合、シングルス3は…
不二周助VS白石蔵ノ介!

地味に気づきませんでしたが
不二は前回の氷帝戦では温存していました。

そして全国大会では初のシングルスとあって
かなり気合が入っていると河村は思った。

乾もそう思っていたが
相手も侮れないと警戒する。

昨年は立海にストレートで破れたものの
当時2年にしてシングルス1を任せられており
部長でもあったというから驚きです。

しかし彼まで回っていないことから
その実力はベールに包まれいてるという。

まずは不二のサービスプレイから始まる!

センターギリギリの打球を難なく返しただけでなく
コーナーギリギリを攻める正確さ!

さすがといった感じだが
不二も負けじと更に角度をつけするどく返球する!

白石はその打球(ローボレー)をストレートに打ち、
さらに前に出ます!

そして…絶妙なドロップショットを決める。

乾も完璧と思うほど全く無駄の無いテニス…

やはり彼は強敵です…

絶頂(エクスタシー)と決め台詞を
言うだけのことはあります。

まだまだ試合は始まったばかりですが
嫌な予感がします。