Genius366 思い出せ!!

桃城は記憶喪失のリョーマをコートに立たせた。

堀尾が予想した通り、
桃城は強引にリョーマの記憶を
取り戻そうといきなり弾丸サーブを放つ!!!

戸惑うリョーマに構わず2球目を放とうとする…

ある電車の中では…越前南次郎がいた。

真剣な面持ちでリョーマとの出来事を思い返す。

ある山の中にリョーマを連れていき、
木の枝を投げ渡す。

それがラケットだといい、
ボールはその辺に転がる石でいいやと言う。

そして南次郎はリョーマに…

テニス楽しいか?

と意味深なことを問います。

会場横のコートでは…
桃城がいくら訴えてもリョーマの記憶は戻らなかった。

ついには両手をついて絶望感に襲われてしまう…

あのひょうきんな堀尾も涙するほど
事態はとても深刻です…

ダブルスの試合は青学が最初のゲームを取る!

青学の流れのように見えたが、
早くもここで立海ペアがパワーリストをはずす…

そして、涙を流す桃城の前にリョーマが歩み寄り…

僕にもテニス…教えて下さいっ

とお願いしにきました。

これは何かの予兆でしょうか。

桃城のサーブが何かの刺激になり
リョーマの気持ちを変化させたのでしょうか。

とにかく1歩前進です!