Genius207 大石のテリトリー

5-2と窮地に追い込まれた大石・菊丸の
ゴールデンペアだったがここにきて
新たなフォーメーションを見せる!

なんと攻めの菊丸と守りの大石が
場所を入れ替えたのです!

立海の生徒はやけを起こしたと思ったが
そんなことはまずしないでしょう。

大石は掛け声と共に積極的に攻撃します!

仁王はレーザービームで応戦してくるが、
大石は冷静にアウトだ英二と指示を出す。

すると本当にアウトになった!

守りのエキスパートである大石を軸に
あえて菊丸を後ろで分身させる。

そして相手の一番近い場所から
状況を判断しサインを瞬時に送り
大石がゲームメイクするという陣形。

さらに!柳生のレーザー封じるという
すごい守りも同時に行っていた!

これこそがゴールデンペアの超攻撃型陣形、
大石の領域(テリトリー)だった!

ここから青学の反撃が始まり、
なんと4-5まで追いつきます!

大石はまるで後ろに目があるのかと思うくらい
見事なコンビネーションを見せます!

が、ここで仁王が動く!

両腕をひょいひょいと動かし、
するどい目つきで見つめると、
菊丸は一瞬怯んでロブを上げてしまう。

ここで柳生がレーザービームの体制に入る!

まだ彼のレーザーには触れることすらできていない!

だが、柳生はフェイントでドロップショットを打つ!

大石はスライディングをしてなんとか返すも…
そこに待っていたのはもちろん!

真のレーザービーム!!!

しかし!!!

菊丸がはじめてそれを捉える!!!

そして菊丸バズーカを放つ!

さすがの柳生も仁王もそれには驚き、
顔が青ざめてしまう!

まだまだ試合は続くのだろうか!