Genius161 大石新体制

手塚が肩の怪我を治しに
九州へ行くことになったので、
しばらくは大石が部長となります。

大石は意外にも厳しい指導をします。

桃城に大声でもっと腰を落として
ボールをよく見て!!などと熱がこもってます。

ただ、直後に手首の使い方はいい感じだ、
成長したな桃城、とすぐに褒めたりもしてます。

まさに一人アメとムチという感じ。

その後もそうな練習が続きます。

そしてレギュラー陣を集めた大石は、
何やら妙な絵をみんなに見せる。

リョーマが何スかその下手くそな絵は?
と突っ込んだ(笑)それは、どうやら小さな無人島に
人が一人だけいるという絵っぽいです。

大石はそれをつかって心理テストをやることに。

まずはこの絵についてだ、というと、
リョーマがまたもヘタと突っ込む(笑)

今度はあのなぁ…といって引いてしまう大石くん…(笑)

で、この人がどんな状況に居ると思うか
みんなに答えさせます。

菊丸英二は南の島で遊びまくるもねー!と陽気です。

不二周助はのんびりしていて気持ちよさそう、

海堂薫はフン 孤独か まあいい、

乾貞治は島の地形からして南半球南緯28°あたりの…

桃城武はヤシの実食いてーなあ食いてーよ

と、個性あふれる答えが続く(笑)

川村隆は答えに詰まったが、
ラケットを渡されるとサバイバー!と即答(笑)

そして越前リョーマは、分かんないスよ
その糸人間が何考えてるかなんて 興味ないし
と相変わらずな感じですね(^^)

大石はそれをきいて越前はEタイプね、と
何やら納得しながらメモをとっています。

それからなんと50枚もの絵を見せられ、
けっこう疲れた様子を見せるレギュラー陣。

よくそんなにやったなと思うと同時に、
よくそんなに用意したなとも思います(笑)

乾はなんかデータを取られてる感じで
気味が悪いな!と思いますが、

海堂はそれに今頃気付いたんスか
とボソッと突っ込む(笑)

それから少ししてからまたレギュラー陣を集める大石。

さきほどの心理テストは相性を調べるためのもので
いろんなオーダーを考えていました。

そして実践で試みるのが一番早いと思うといい、
練習相手を呼んでおいたとのこと。

その練習相手とはなんと不動峰だった!

リョーマもいいんじゃないんすかとノリノリです。

竜崎はその練習のやり方にとても感心します。

竜崎も手塚とゴールデンペアがいなくなったことで
いろいろオーダーを試したいと思っていた。

そして練習相手の不足気味な不動峰にとっても
こんなチャンスは願ってもないこと。

両校の利害関係がうまくマッチしたのです。

夕方になりバスに乗って帰路につく不動峰の面々。

橘は手塚がいなくなったことで
逆にハングリーさが個々に出てきた様だと
青学メンバーたちを遠回しで褒めてる感じがします。

アイツに連絡しとくか、とも言ってますが
いまはそれが誰なのか不明です。

青学の部室内では疲れきったレギュラー陣が
ぐったりしています。

桃城の目をつぶってる顔が
きつかったことを如実に物語ってるように見えます。

で、明日は聖ルドルフが来るらしい!

それに思わずええーー!と叫ぶメンバー達(笑)

明日もきつそうですね…

その風景は描かれませんが、
話の合間に1コマだけ描かれてます。

不二が観月をスルーして弟の裕太に挨拶する風景が(笑)