Genius313 オーダー発表

ついに青学と四天宝寺が激突する!

その前に両校のオーダーが発表される。

だが、その前に四天宝寺に波乱が!

なんと千歳が準決勝を前に退部したのです!
これは予想外すぎる展開です!

実際こんなことできるのでしょうか…(笑)

真意は不明だが部員たちは妙に納得している。

金太郎は連れ戻す気満々だったが
白石にすぐ止められます。

嘘の毒手で脅されて…(笑)

青学メンバーは開放感のある空間の
ベンチで待機していたが
そこでの会話であることがわかる。

四天宝寺は昨年準優勝ではなくベスト4だった。

昨年は準決勝で立海大付属と当たって敗退したが
決勝の牧ノ藤より立海を苦しめ
互角の戦いをしたらしいです。

実質それが昨年の決勝だったと感じられます。

で、桃城が手塚がいないことに気づく。

実は千歳に呼ばれていた。

誰もいないテニスコートの脇に二人はいた。

千歳は例の無我の境地について話しだす。

数十年前に一人だけ天衣無縫の極みを開いた人物…

それはやはりリョーマの父である越前南次郎だった!

千歳はその息子であるリョーマに
期待してるんじゃないかと手塚に問います。

話はそれだけか?失礼させてもらうと
手塚はそそくさと戻ろうとするも千歳は話を続ける。

残念ながら天衣無縫の極みの極みに
今一番近いのは…

遠山金太郎 四天宝寺のスーパールーキーだ!

サムライJrじゃない、とハッキリ言い放つ千歳。

そして青学戦ではシングルス1で出ると踏んでいた。

手塚は背中越しにその意味深なセリフを聞き、
何を思ったのか。

ミーティングに入った両校。

竜崎は勝ったら焼肉をおごってくれるそうだが、
四天宝寺の監督は流しソーメンらしい…(笑)

てことでオーダーが発表されます!

シングルス3

青学・不二周助!

四天宝寺・白石蔵ノ介!

これぞ天才同士!?の対決!

ダブルス2

海堂薫・桃城武!

対するは金色小春・一氏ユウジ!

相手はまだ対戦場面がなく実力は未知数!

シングルス2

河村隆VS石田銀!

間違いなくパワー対決となるでしょう!

そしてダブルス1・・・

なんと竜崎はここで手塚を指名!

そのパートナーとなるのは…乾しかいなかった!

このオーダーは大きな賭けらしい!

四天宝寺は忍足謙也・財前光。

忍足はスピード自慢で、
財前は天才と呼ばれているらしい。

これまた未知数の実力者です!

最後のシングルス1はもちろんこの二人!

越前リョーマと遠山金太郎!

間違いなくこの二人の対戦が最大の注目です!

でもその二人が戦うとなると
また2勝2敗という展開になるが果たして…