Genius220 ピンチがくれた奇跡

不二は目が見えないにも関わらず
切原赤也を圧倒するテニスをやってのける!

一度は逆転されたものの再び追いつき
ゲームカウントは4-4に!

本当に目が見えないでそこまでのプレイが
可能なのか桃城は信じられない様子で、
リョーマの鼓動は激しくなる。

ボールの気配のみで的確に返す今の不二は
手塚をも凌ぐ!!と竜崎は思った。

そして不二は5-4とリードし、
ついにあと1ゲームで勝利のところまで到達!

だが、切原赤也も必死だった。

彼にも負けるわけにはいかない深いわけがあった。

立海大付属中テニス部にあこがれて入部し、
全国No.1の学校でNo.1になると意気込むも
その野望は脆くも崩れ去った。

立海には柳、真田、幸村という
3人の鬼才(バケモノ)がいたためです。

新入生のころから赤也は目を充血させるという
特徴があったようで新入生の頃から存在感抜群です!

その時のナンバーワンになる思いは今も生きていたが
ふとリョーマの対戦を思い出す。

あの試合で負けたことで
どん底に突き落とされたと思ったのか、
這い上がってやると心で強く想います。

再度バケモノに挑戦するには…
もう勝利しかない!と思うと同時に
ラケットを地面にこすりつける!

音で不二を邪魔するという作戦に出たようで
勝利のためならなんでもやるという
貪欲さが伺えます。

不二は切原赤也の精神力、
勝ちへの執着がすごいことを改めて思う。

そんな人物に勝てたら
もっと上に行けるかもしれないとも思った。

それから赤也が追いついたと思ったら
また不二が1ゲームを奪い6-5リードする!

そのとき、立海レギュラー陣は気づいた。

赤也の目の充血が引いていることを。

これはこれでタダ事ではない気がします。

全国は楽しそう

あんな想いは二度としない

対照的ともいえる両者の想いがぶつかり合う!

まだまだどちらが勝つのかわからない状況です!