Genius324 ポーカーフェイスを手に入れろ!!

海堂のトルネードスネイクを返した金色小春は
IQ200の超天才だった!

人は見かけによらないの典型例だと思います!

乾のはるか上をいく情報力を持ってると思われます。

青学1年坊主はホモっぽくしてるのも全て計算だと
思ったのだが・・・それはマジっぽかった(笑)

ユウくんやったわよー(ハート)
小春ぅ~と喜び合う二人…(笑)

1年生達はドン引きです(笑)

桃城は乾以上のデータマンなわけないと
気にしないように努めるが…それは見事にはずれる。

海堂の詳しいプロフィールだけでなく
幼少の頃の思い出まで調べ上げており、
使っている靴の種類まで知っていた!

そして海堂の尻をさり気なく触る!

海堂は怒って胸ぐらを掴むも…
ねえ暗くなるまで待って お・ね・が・い(ハート)と
終始付き合わされてしまう(笑)

そして試合は3-0と四天宝寺が圧倒的リード!

これがボケによる功績なのか実力によるものなのか
微妙なところですが勝ってるのは事実です!

海堂と桃城は不機嫌そうにベンチにドカッと座り込む。

竜崎にあやつらのペースに振り回されてどうする、
バカちんが!と注意されますが
不器用っすから!と一言いうだけ!

ポーカーフェイスで試合できんのか?と言われても
無理っす 不器用っすから!の一点張り(笑)

でも桃城がそれを聞いてあることを思いつく。

なんと覆面マスクをかぶりだします!

審判は注意しかけますが四天宝寺の監督が
えーやないかお互い様やってとフォローしてくれます!

規則に書いてあるんか?覆面はダメって!
とナイスな突っ込みですね(笑)

会場は和やかな雰囲気になりますが
ここから青学が怒涛の反撃に出ます!

覆面により何を考えてるのか全くわからなくなり、
まさにポーカーフェイスになった桃城と海堂!

海堂が3連続スネイクを放ったのち、
ロブを桃城がダンクスマッシュで攻めます!

このとき金色小春はややこしい計算を
頭の中で瞬時に行い約0.15秒後に
ボールが到達することを見抜く!

中学生レベルを遥かに超える威力のショットを
片手で返す驚きのプレーを見せることから
やはりテニスの実力も相当なもの!

だがさすがにラケットが弾かれたので
そこにすかさず海堂がトルネードスネイクを放つ!

今度は小回りのジャイロ回転をするショット!

トルネードスネイクは数百通りの回転があるとのこと!

これまたすごすぎます(笑)

ここで青学が1ゲームを取ります!