Genius180 プレッシャー

青学と六角の対決はシングルスへ突入。

最初のカードは海堂薫VS葵剣太郎。

剣太郎は1年生ながら
部長に抜擢されたすごい人物です。

明るい性格と礼儀正しさも併せ持ちますが
それがどこか不気味に感じてしまいます。

海堂は、ああ よろしくとふつうに返事をし、
冷静になっていることからも
かなりの要注意人物だと不二も思っていた。

さっそく試合が始まります!

海堂は序盤からスネイクを連発し
かなり飛ばしているように見えます。

相手にはかなりのプレッシャーを
かけれているかもしれませんが、
河村はちょっと心配しています。

そして海堂はブーメランスネイクまで使い、
ゲームカウントは3-0と大きくリード!

警戒心から飛ばしている部分もあるかもですが
彼にとっては因縁に近い相手かもしれません。

負けらんねーよな 特に1年には
という桃城の台詞で思い出しましたが
海堂はリョーマに負けたことで
かなり意識していた場面がありました。

それと重なって1年生には負けられないという
強い想いが出たのかもしれません。

そして4-0と更にリードを広げます。

六角側のギャラリーは静かになり、
無表情のままですがレギュラー陣は違った。

むしろいつものように振舞っていた。

なぜなら葵剣太郎がそう動いていたから!

彼は自分にあえてプレッシャーを与えて
そこからギリギリの緊張感を楽しみながら
プレイするというスタイルの持ち主だった。

佐伯が言うには4ゲームはわざと落としたらしい!

本人もこの大ピンチから逆転できれば
ボクは全国の女の子にモテモテ…

なんて思ってるからまんざらでもない(笑)

思ってることはギャグみたいですが
本人はいたって真剣そのもの。

目をつぶって精神集中する葵剣太郎。

そして目をギン!と開けると、
いきなりサービスエースを取る!!!

海堂でもほとんど反応できないほど鋭いショット!

その後もポイントを重ねていく剣太郎。

海堂はスネイクで応戦するもあっさり返されてしまい、
あっという間に1ゲーム取られてしまう…。

佐伯が言うようにプレッシャーのかかった彼は
誰にも止められないのか…