Genius327 ライバルだからこそ

桃城と海堂がいつのまにか入れ替わっていた!

それにより四天宝寺ペアを翻弄し
再度青学がおいつきタイブレークに突入します!

相手の応援団はエゲツないことしよると
変な文句を言ってきます。

荒井はテメーらに言えたことか!
とナイスなツッコミを入れます(笑)

タイブレークは両者譲らぬ大接戦へ!

青学が4-1と大きくリードしたのち、
5-6とジワジワ追いついてきます。

そして金色小春は覆面のややこしさに慣れ、
Mがバンダナくんと口にだしてしっかり記憶。

一氏ユウジが桃城に返球すると
ジャックナイフを受ける準備をしだす!

打球がくるまでの時間を計算する小春だったが…

かえってきた打球は意表をつくリバーススネーク!

Mの文字が入っていないほうが桃城のハズと
思っていたことからまたも混乱する四天宝寺ペア。

だが、一氏ユウジは相手の動きを観察してたので
クセや仕草が一致していないことを見抜く!

つまり、最初から二人は入れ替わっていない!

忍足謙也は以前、忍足侑士から聞かされていた。

青学のくせ者には気をつけろと。

桃城はダンクスマッシュの構えに入り
大きく声を上げます!!!

だが、放ったのはまたも意表をつくドロップショット!

これで青学が勝利を決める!
ゲームカウント7-6の大激戦でした!

まんまとやられた、くやしいけど負けや
試合も笑いもと四天宝寺ペアは負けを認め、

ユニフォーム交換のようにカツラと覆面を交換します!

二人が違う技を放てたのはお互いに普段から
意識しあっていたライバルだったからであり、
お互いにコツを教える程度で打てたと手塚は分析。

とにかく勝てて何よりです!

そしてすぐさまシングルス2が始まろうとしていた。

次は王手がかかるかの大事な一戦。

緊張しながらラケットを持ったのは河村隆!

ラケットをもっても平常心でいるようですが…