Genius119 ライバル集結

大石と手塚は神奈川県の立海大付属中学に来ていた。

関東大会の組み合わせ抽選会が開かれるということで
ライバル校も続々と集まってきてます。

入り口でまず会ったのは
山吹中のラッキー千石こと千石清純。

自身の運の良さをくじでも発揮しようとしてますが、
東京のNO1とNO2はシードだからくじは引かないそうです。

そこに不動峰の橘と神尾が登場。

橘は千石に阿久津がやめたんだってな、苦労するなと労うも
都大会のケリをつけさせてもらうと容赦しない様子。

南は団結力がアップしたことをアピールするが、
神尾にあんた誰?と突っ込まれてしまうw

一応確認しておくと、彼は山吹の部長で
全国クラスのダブルスプレーヤーです。

でもジミーズというあだ名がつけられてるほどなので
あまり有名ではないようです…(笑)

そんな彼らの会話を他所に大石と手塚は会場へ入っていく。

手塚は一言もしゃべらず(笑)

立海大のテニスコートでは、
現役選手とOB相手に練習をしていた。

帽子がトレードマークの真田は
錦という名の先輩を6-3で下し、
腕がなまりましたねと言ってのけます。

彼は昨年優勝した団体メンバーのひとりなので
相当な実力の持ち主だと思われるが
真田はあっさり勝利したので井上は驚きます。

井上は月間プロテニスの記者ですね。

真田はOBは受験のブランクがあるから
現役の我々が負けるわけないでしょう、
全国3連覇に死角はないと豪語します!

真田は青学よりも氷帝のほうを警戒しているようです。

氷帝学園は毎年関東からベストメンバーでくるそうです。

真田と井上が話しているとき、
切原赤也もOBと試合を繰り広げていました。

彼はリョーマと同じく一本足のスプリットステップが出来る男で、
集中力の持続力は真田も評価するほど。

なんと切原は8人もOB相手に連続で試合をしていた!

そして相手をしていたのはなぜか全員左利き・・・

これはいったい何を意味するのでしょうか。

組み合わせ抽選の会場ではくじ引きが始まっていました。

この前リョーマにボコボコにされた銀華中は、
青学とは反対のブロックのくじを引いて喜んでますが、
初戦はなんと立海大付属・・・(笑)

不動峰は初出場ということで
どこかの学校の生徒がカモだなとバカにしています。

こういう人達こそカモになるのでしょう。

で、氷帝学園の跡部が引いた番号に会場がざわついた。

15番。いきなり青学と氷帝が激突することに!

おそらくそれは氷帝が5位で通過したことにより
その組み合わせが実現してしまったのでしょう。

シード同士だったらまず最初はあたらないですからね…