Genius123 リョーマはどこ…!?

氷帝戦の青学オーダーがついに明らかに!

なんと意外なことにリョーマは補欠だった!

ダブルス1:桃城武&菊丸英二
ダブルス2:海堂薫&乾貞治

シングルス3:河村隆
シングルス2:不二周助
シングルス1:手塚国光

このような感じになってます。

理由は樺地崇弘という2年生だった。

以前、例のストリートテニスコートで
桃城のダンクスマッシュをあっさりかえした
怪力の持ち主です。

それに対抗できるのは桃城か河村しかいない。

だからシングルス3に河村が入ったのでしょう。

相変わらず自信なさげに大丈夫かなぁと思う河村だったが、
何やら特訓してきたようですね。

不二ががんばって!とラケットを渡すと
いつものようにキャラが変わって気合が入ります!

竜崎はいいな、リョーマよと確認します。

でもリョーマは選択権無いんスけど…と
鋭い?突っ込みをします(笑)

あと、手塚的には越前にダブルスを
やらせるわけにはいかないのが唯一の理由だそうで。

まあ確かにその通りかもしれません(笑)

青学レギュラー陣は円に並んで声がけします。

大石の突然のアクシデントがあったが
勝って全国へ行くのは我々だ!

さあ…油断せず行こう

青学ーーーッ ファイッオウッ!!

部活でよく聞く声がけですね!

さっそくダブルス2の試合が始まります!

すると氷帝側の応援団が続々と集まってきた。

何人いるのか検討もつかないくらいで
うるさいくらいの氷帝コールがかかります。

相手は向日岳人と忍足侑士ペア。

竜崎は相手の顧問の榊太郎にお辞儀をしながら、
今年も関東までレギュラーを温存してくるとは、
と思います。

都大会とはうって変わって
全員が正レギュラーなのでしょう。

青学からのサービスプレイでゲームがスタートします。

桃は良いサーブを打つも忍足は難なく返します。

なんとか腕を伸ばしてリターンエースを防ぐ桃だったが、
向日がすごいアクロバティックを見せる!

月面宙返り(ムーンサルト)!

打ち返されたボールの上をいく身軽さです!

彼は体操選手でもやっていけそうですね・・・(笑)

しかし、菊丸も負けていません!

彼も得意のアクロバティックで
岳人の意表をつくボールを返します!

忍足はすかさずフォローに入ります!

が、ネット際にはすでに桃城がスタンバっていた!

いきますよ大石先輩…

これまでとは違う並々ならぬ闘志を桃に感じます。

試合のゆくえは15巻で明らかになります!