Genius241 リョーマのガールフレンド

小坂田朋香はリョーマが全国大会でも大活躍だと
テンションが上がってます。

それで変な女が寄り付いたらどうしようと
懸念していると…本当に謎の女が現れた!

見たことがない女子生徒が
男子テニス部へはど行くんだ?と聞いてきました。

竜崎桜乃が親切に教えてあげると、
お礼と東京の娘(こ)はメンコイねーっと言って
すぐに去って行きました。

小坂田朋香は嫌な予感がしていた。

部室付近では、
いつもの1年坊主たちが立ち話をしていた。

堀尾が調べた情報によると、
今年の全国大会は全部で24校も出るらしい。

開催地はまだ決まっていないそうだが、
堀尾が掴んだ情報を…聞く前にリョーマは部室へ。

当てにならないからと(笑)

ドアを開けると・・・
さきほどの謎の女子生徒が
頭をぶつけて倒れてしまった!

小坂田朋香はリョーマがどこにいったか
レギュラー陣に聞いて回ると、
河村から保健室にいったと聞かされる。

やっぱり!と思った彼女は桜乃を連れて
さっそく現地へ向かいます!(笑)

するとすでに保健室の前では
桃城と菊丸と乾がのぞき見をしていた(笑)

どうやらリョーマが介抱してあげたようだが、
北海道からわざわざ来た甲斐があったべ、
やっぱりオイラの王子様だと言い出す女。

そしてベッドから起き上がると
クッキーを焼いたんだと言い出しますが
リョーマはいらないと一蹴。

女はどして?と意外な様子だった。

外の見物客もどうしてだと思うも、
朋香だけ喜ぶ(笑)

ざまあみろ!私のケーキだって
受け取らなかったんだから!と自慢気だが、
全然自慢になっていなかった(笑)

北海道の女は話題を変えて
昨日のABCオープンを観に行った話をしだす。

モビック選手のサーブが速えんだと女が言うと、

あれは速いよ でも実はファーストより
セカンドの速度が落ちない事が凄いと
ちょっとだけ話が盛り上がり始める。

ここで桜乃が部活の時間だからと告げるも
朋香は一部始終に夢中でそれどころではない。

桜乃は静かにその場を後にします。

コートでは乾が偵察・取材陣の数を数えていた。

カウントは136にも達していた…。

大本命の立海大付属を倒したことで
ものすごい注目されてるのですが、
かなり危険であり気が散りそうな感じもします。

偵察野郎共はリョーマに注目していて、
北海道の女は私のタオル使えとまだ居座ってます。

菊丸はおチビに彼女が出来た、
うらやましーとおちょくってますが
朋香はそれを聞いてフェンスを掴む手に力がこもる…

桜乃はおそらくそのことが気になってるようで、
声が出てないことを怒られて
もう5週追加させられてしまう!

夕方、北海道の女は手を振って帰っていった。

寿葉(ことは)という名前らしく、
大石はみせつけてくれちゃってとニヤニヤしてます。

河村は明日も来るかなと思いますが、
リョーマはもう二度と来ないことを見抜いていた。

それから寿葉は携帯電話を片手に…
リョーマの苦手コースを報告していた!

この女は北海道のスパイだった!

でもリョーマはもちろん手の内を明かすほど
愚かなことはしていない。

桜乃は帰り際、リョーマにこんなことを指摘する。

バックボレーのフォーム いつもと違ってたね、と。

リョーマは、へぇやるじゃん!と言います。

北海道からとか偵察にけっこうきてたことで
わざとフォームを変えていたのでしょう!

それに気付いた桜乃はやっぱりリョーマのことを
一番見ているんだと思います!

全国大会まであと8日