Genius6 波紋

部長の手塚と副部長の大石、
そして顧問の竜崎は2階の教室でランキング戦について話あってます。

1年生はランキング戦には夏まで出れない決まりだそうですが、
そこは部長が決めることだと大石はいいます。

ちょっと意味深なやりとりですね。

前回、荒井というチンピラ2年にラケットを隠され、
無理やり部室にあったボロいラケットで試合を申し込まれたリョーマ。

案の定ボロラケットでは思ったように打てず、荒井が調子に乗り始めます。

この様子はおそらく部員のほとんどが見てるので
荒井はドヤ顔になってます。(^_^;)

でもこの状況はすぐにひっくり返ります。

リョーマは感じを掴んだような素振りを見せます。

そして体全体を使ってスピンをかけ、
見事しっかり打ち返すことに成功します!

この瞬間、荒井のドヤ顔は一瞬にして消え失せます(笑)

このプレーに3年生たちも感心して見ています。

ギャラリーは変なインパクト音だったけど
すごく打球が早くて驚いていましたが
リョーマにしてみればめちゃくちゃ遅かったらしい。

あまりにもレベルのギャップがありすぎますね!

荒井はまぐれと思うようにしたようですが、
またもしっかり返されて完全に状況がひっくり返ります。

ここで不二がいいことをいいます。

「弘法筆を選ばず」

正にそのとおりかもしれませんね(^^)

そして黒縁メガネでツンツン頭が特徴の乾貞治が、
来るな、あいつとつぶやきます。

これはもしかしたらレギュラーのことなのかな?

まあこの実力があって選ばれないのはおかしいかと(笑)

荒井はポケットに入れていたテニスボールをポロッと落とすと、
リョーマはすかさず、そのボール邪魔だねといって
ズバッとピンポイントで打ち抜きます!

これがトドメ?になったのか荒井は膝から崩れ落ちて
完全に意気消沈。自分がいい晒し者となったのでした。

でもリョーマは容赦せず、左手にラケットを持ち替えます。

いままでのは単なる準備体操でした。

そして荒井に一言。

最後までやってもらいますよ 先輩!

いいですね。この瞬間(笑)

もういいじゃねえかとついには自分から拒否りますが、
リョーマはやだ!と言い返す。

このちょっと生意気だけど度胸ある態度がいいですね。
リョーマらしくて!

この様子は教室の窓から大石と手塚も見ていました。

手塚はこのときもクールに規律を見だす奴は許さん、
全員走らせておけと大石に命じます。

ほんと色んな意味で凄みを感じる中学生です。(笑)

そして竜崎はランキング戦の名簿の中にリョーマの名を見る。