Genius88 青学一の曲者

疲労が蓄積したあとに
どれだけ集中できるかを問う青学の紅白戦。

最初はリョーマと不二の対戦が始まり、
その次は桃城武と手塚国光の試合が始まる!

疲労が溜まる時間帯は個人差があるのです。

次々とレギュラー同士の試合が始まるから
観客はどの対戦をみればいいのかわからない状態に!

不二も桃と手塚の対戦を見たがってます。

それにリョーマがなら早く終わらせましょうか?と問い、
不二は負けてくれるのかい?と挑発し合います。

試合がヒートアップしてきたので
観客はますますどちらを見ていいかわからない状況に!

桃城武と手塚国光の試合が始まりました!

手塚は桃のパワーアップを肌で実感しているようで、
これなら関東や全国でも十分武器になると
冷静に分析しながら打ち合っています。

ここで桃がしかけます。

意表をつくドロップショットを打ちます!

桃はパワープレーヤーなのであまり見られない光景です!

手塚はそれに反応し難なく拾いますが、
すかさず桃はダンクスマッシュを豪快に決めます!!!

桃はただの単純な奴ではなく、
青学一の曲者だと手塚も認めています。

その15分後には大石と菊丸の勝負が始まろうとしてましたが、
なんとその頃には桃城と手塚の試合が終わっていました!!!

どうやら全力でやったようです。
その場面が描かれてないのがちょっと残念ですが、
レギュラー相手に15分で終わらせるから
その強さはやはり別格です!

手塚は桃城が右足の捻挫は完治したようだが
それをかばっていては本来の実力は発揮されない!
と大石の前で言います。

大石はそのとき意味深なことを思います。

自分にも言ってるんじゃないのか?手塚…と。

これは何を意味しているのか・・・

コテンパンにやられたことで
桃城はコートに大の字で仰向けになっていた。

手塚のプレイを思い返しながら。

途中で手塚は足につけたアンクルを外しているので、
やはり本気でやったのかと思われます。

そりゃ呆然となってもおかしくありません。

でも彼の顔は晴れ晴れとした感じなので、
今後どのくらい強くなってくれるのか楽しみですね!