Genius301 青学の柱を背負って

3-0と跡部が大きくリードしたところで
しばし休憩時間になる。

跡部はリョーマの死角を正確に突くことから
このままでは勝ち目はないと乾は思った。

どんなに動きがいい選手でも
死角を突かれては反応できないことは
手塚でも認めざるをえないこと。

リョーマはベンチに横になるほど
疲労が蓄積している状態だった。

まさに忍足が言うようにズタボロ状態。

宍戸でさえ同情するほど
手も足も出ない状態になってしまっていた…

相手の死角を完璧に見抜くなどの芸当は
もちろん不可能なことだが
跡部はそれを可能にしてしまった天才!

さすが人気者はポテンシャルが段違いです!

だが、立ち上がったリョーマは
また無我の境地を使う!

そして跡部に強いじゃんアンタと
めずらしく強さを認める発言をする。

リョーマは次に立海・柳のかまいたちを放つ!

が、それも全く通用しない。

0-40となりまた1ゲーム取られそうになる。

ここで堀尾が負けたら坊主だと喚き
嫌なことを思い出させてくれます(笑)

その後も無我の境地で攻めるリョーマ!

ふつうに考えたら体力がヤバイ状況だが、
桃城はその時間が長くなってることに気づく。

詳細は不明だが、無我の境地を
コントロールし始めてるようだが…

様々な選手のプレーを体が直接反応し
ランダムに放出することで
予測不能な動きを実現している無我の境地。

だが、どんな技、どんなプレースタイルで来ようと
死角(デッドアングル)が存在している!

跡部がまたポイントを奪って
4-0とさらにリードを広げられてしまう!

しかし、ここから新たな展開に突入する!

さらに無我の境地を続けるリョーマだったが
今度はなんと目を閉じた!

氷帝ギャラリーは諦めたと短絡的に
解釈しているようだがそんなわけありません。

跡部にも何を企んでいるかわからなかったが
目を閉じたとしても彼には死角が見えていた!

そこを容赦なく攻める!

が、ここで初めてリョーマは返します!!!

しかも1回だけでなく何度も打ち合います!

跡部に怒りがこみ上げ、
真田との試合後の会話を思い出す。

跡部は真田に無我の境地は
何でもできるのかを聞いた。

真田はひとつだけ未だ出来ない技があると言う。

それは手塚ゾーン!!!

死角を狙った打球が曲がり
リョーマのラケットへ吸い込まれていく!

まだ完璧ではないが明らかに手塚ゾーンだった!

というかリョーマが使っているから
リョーマゾーン、もしくは越前ゾーンと
言ったほうがいいのかもしれませんが…

まだまだ青学は負ける訳にはいかないからね

ここからリョーマの反撃が始まりそうです!