Genius237 青学の夏休み

コート上では表彰式が開かれています。

全国中学生テニストーナメント
関東大会男子の部の結果発表。

第3位は不動峰中。

橘が賞状を受け取っているとき、
神尾は九州の千歳のセリフを思い返す。

俺達に合わせた指導をしていること、
3年生のいない環境での練習をしていたせいで
橘さんをナマらせている。

そしてもっと強くなってやろーぜと
心に強く誓うのであった。

次に準優勝の立海大付属中とコールされるも
誰も前に出てこない。

シーンとなるなか真田がこう切り出す。

結構!我々の求めるものは優勝のみ
それ以外に価値はない!

その言葉に会場がざわつきはじめる。

六角のダビデがまた寒いダジャレをいった後、
ついに青春学園がコールされます!

部長代理の大石の表情はとても律律しいですね!

4位は六角中、5位は山吹中、6位は緑山中で
そこまでが全国大会へ行くことができます。

緑山中はリョーマなどにボロクソにやられた学校ですが
なんとか勝ち残れたようです。

表彰式の様子を見ていたのか、
九州の千歳がのんびり去っていく。

それから青学はしばしの夏休みを堪能することに。

舞台はいきなり変わって海岸へ!

海ではしゃぐメンバー達はとても楽しそうです!
夏が好きな人にとってはウキウキする場面かと(^^)

リョーマはファンタを買おうと
自動販売機の前に立っていると…
またもあの爺さんが図々しくボタンを押す!

それは六角の監督・オジイだった!

どうやら六角との合同合宿だったようで、
ただ海に遊びに来たわけではないようです(笑)

六角は青学をマークしてるっぽいが
今日はやっぱり海でパーっと遊ぶようです。

まずはみんなでビーチバレーをすることに。

名づけてオジイ杯ビーチバレートーナメント開催!

くじを引いて青学と六角のペアを作って
競うというルールのようですが、
青学は8人、六角は7人なので合わない。

ってことでオジイが準備をしだす!
が、みんなから無理無理無理!と突っ込まれる。

そして乾がいつもの提案をします。

大会といえば罰ゲームが必要じゃないかと。

今回乾が用意したのは最新作、
乾特性いわし水…

六角は乾汁の恐ろしさを知らないので、
金髪キャラの首藤がうまそーじゃんといって
いきなりそれを飲み出します。

青学メンバーがやめろー!と止めるも
時すでに遅し…

首藤は悲鳴を上げながらごろごろと転がる…

いわし水とはその名の通り、
魚のいわしを絞った汁らしい・・・

皮肉にもこれで人数が揃ったってことで
ペアが決まります(笑)

越前・葵
菊丸・樹
桃城・黒羽
乾・木更津
不二・佐伯
河村・天根
大石・海堂

ビーチバレーの続きは28巻にて。