Genius27 青学VS不動峰

ついに地区予選の決勝戦がはじまった!

青学の相手はノーシードの不動峰ですが
これまでの相手とは比べ物にならないほどの相手。

まずはダブルス2で不二と河村ペアが試合に臨みますが、
強烈なトップスピンをかけた見事なショットを決められます!

大きく上に上がったボールがスピンによって
急降下するショットで不二でも届かないもの。

竜崎も驚くほどの実力者たちです。

ここで不動峰の過去のシーンに移ります。

どうやら彼らは相当な苦労を経験したようですね・・・

おそらくそれは1年くらい前の出来事。

今の2年生が1年生のころ、
上級生は不良みたいなやつばかりで
少し強いからっていちゃもんをつけられていた。

簡単にいうといじめですね・・・

そこに転校生の橘(当時2年生)が入部してきて、
突然コートに入ってくるなりオレより強いと思うやつは前に出ろ、
と強気の発言をします。

それに1年生達も前に出てきたのですが、
これをきっかけに彼らは硬い絆で結ばれたような気がします。

というのもそれから少したって1年生達がボイコットし、
新しいテニス部を橘が主導して作ろうとしていたらしい。

それが不良先輩達にばれて暴行を受けるのですが、
橘は必死に手を出すなよと1年生たちに言い続けます。

しかし、後日顧問が1年生から手をだしたに決まってる、
来年の春まで球ひろいでもしてろクソガキと、
なんともゲスな奴でしたがそれに橘がキレます。

それがきっかけで不動峰は秋の新人戦の出場が禁止されます。

ほんとこの漫画は腐った奴が多い気がします・・・(苦笑)

元不動峰の顧問はトップクラスのアレなやつだと思います。

でも橘たちは諦めず新テニス部創設を願って申請し続けたのです。

そして全国へ行こうぜと誓いを立てたのでした。

このエピソードを知ると彼らも応援したくなります!

場面は戻って地区予選。

ものすごい気迫を魅せる不動峰ダブルス。

心なしか不動峰の方が押してる感じがしますが、
そこで天才・不二周助が一気に流れを変えます!!!

なんと打球が弾まないショットを繰り出します!!!
正確には地面すれすれを進むショット!

相手のトップスピンに更に同じ方向に回転を与えて
2乗の超回転を与えたスライスのカウンターショット、
名づけて「つばめ返し」!!!

これは海堂薫のフィニッシュスネイクをはじめて返した技。

それだけでもすごいのにトリプルカウンターのひとつというから
まだすごいのを隠し持っているという・・・

不二周助もすごすぎます!

橘もやはり立ちはだかるかと真剣な眼差しを向けてることから
相当な選手だということがひしひしと伝わってきます。