Genius125 先輩として…

桃のジャックナイフからの
ダンクスマッシュのコンボも通用しなかった…

氷帝にも天才と言われる忍足侑士がおり、
桃のダンクスマッシュをダイレクトで返してしまった!

まさにそれは不二が得意とする羆落としだった!

向日岳人はめずらしいじゃん侑士
マジでやるなんてよと言ってるくらいなので
青学は強敵だと認めてるように思えます。

が、氷帝の勢いは留まることを知らず、
あっという間にゲームカウントは3-0と離されてしまう。

菊丸得意のアクロバティックも
さらに上のアクロバティックで対応され、
桃の力技も通用しない強敵です。

さらに、桃が流れを引き戻そうと
ドロップショットを狙おうとするも、
忍足に先にドロップショットを打たれてしまう…

攻めるん遅いわ

不二が言うように相手の方が1枚も2枚も上だった。

ゲームカウントは4-0と更に離される。

菊丸は思わずだめだ、強すぎと弱音を吐くも、
大石との練習のことを思い出していた。

諦めるな 諦めなけりゃ必ず弱点は見えてくるんだ
チャンスはどこかにあるハズ

自分たちの力を信じよう

大石のその言葉に励まされ、目が生き返る菊丸!

ただ、しぶとくジャンピングボレーで返すも
受け身を取る暇がないくらいギリギリのショットになる。

すかさず岳人がネット際でショットを打ちます!

誰もが取れないと思う瞬間だったが、
なんと菊丸は起き上がって後ろ向きでガードし、
運良くコードボールになって1ポイント返す!

ここで岳人はようやく今までと目つきが違うことに気づく!

菊丸はラケットを手首で回し始める。

マジモードになった証拠です!

菊丸は先程思い出した大石の言葉を
そのまま桃に伝え、二人とも笑顔を取り戻します(^^)

そして桃はもうひとつ大石から伝言があることを思い出した。

会場はざわつきはじめる。

あの二人、何を始める気だ!?

そんな声が聞こえる中、ある人物がコートに現れる。

あの二人、なかなか様になってるじゃないか

その人物を含めコートの観客がみたもの。

それはダブルスの高度な陣形である
オーストラリアンフォーメーションを取る菊丸と桃の姿だった!

即席ペアでそれが出来るのか。注目です!