Genius67 シナリオをブチ壊せ!!

フェイントでスネイクを打ってロブを上げさせ、
強烈なダンクスマッシュを決める青学ダブルス2!

あんなの中学生で打つ奴がいるのか!?と
周囲はめちゃくちゃ驚いている様子です!

でも桃城はまだまだ暴れたりない様子で
笑顔1つ見せず真剣な表情のままでした。

そのあと海堂がまたもブーメランスネイクを決め
青学の勢いがどんどん増すばかり!

手塚もこの組み合わせはミスマッチのように見えて
狙い通り1+1が3にも4にもなったと賞賛します。

でも、まだまだ油断できない感じが続きます。

聖ルドルフ側のダブルス2はピンチの時こそ
勝ち進んできたと部長の赤澤はいいます。

カウントは0-30と青学がかなり有利だが、
ここで木更津が的を射る言葉を放つ。

センターにボールを集めればポール回しは出せないハズ…

確かにその通りです。

その言葉に海堂も桃城も強く反応します…

でも木更津はこう思っていた。

だけどそんな勝ち方じゃつまらないよ、と。

あんなことを言っておきながら
海堂の得意なコーナーへ打ってきたので一同は困惑ぎみ。

でも海堂はまたもブーメランスネイクで応戦する!

が、3度目の正直で木更津はその打球を捉えます!

これは柳沢が言うように誘われた可能性があります。

一応チャンスボールにはなるが、
スライス回転のロブになっていて滞空時間が長く、
風にも流されやすいのでダンクスマッシュは至難の業だそうです。

木更津はこれを狙っていたのか、くすっと笑う。

ブーメランスネイクを誘った上に癖のあるロブをあげる。

彼もなかなかの実力者だってことがわかります。

でも自信に満ちた表情はすぐに崩れてしまう。

桃城は脅威のジャンプ力とボディバランスでロブを捉え…
見事ダンクスマッシュを放ちます!!!

でも軌道がさっきと同じのため柳沢が立ちはだかる!

が、地面につく直前で軌道が若干変化し、
足元でバウンドしたボールが・・・・

柳沢の左頬に思いっきり、ゴ!!!と当たって
吹っ飛んでしまいました!!!

これには選手も観客も静まり返るほど驚いてしまった!

あの手塚も少し目が大きくなり、
口も少し開いているくらいなので
そうとう意外な展開だったのでしょう・・・

桃城や審判、竜崎がすぐにかけよるも、
柳沢は星が見えてるようでちょっとやばい状態に・・・

橘が言うにはあのダンクスマッシュは
石田の波動球クラスだと言っています。

波動球は河村が両手で受けたにも関わらず
腕を負傷するほどの想像を絶するショットです。

それを顔に受けたのだから相当やばいはず・・・

で、試合は続行不可能となって青学の勝利となる!

まさにそのまんまの意味でシナリオをぶち壊した感じで、
これはこれで面白い展開でした(笑)

おそらく大事には至ってない模様ですが
アヒル君は気の毒でした・・・

とりあえず1勝は1勝です!

この展開に観月はどう思っているのか注目です。