Genius173 新型波動球

桃城の合図で構えに入る河村。

ラケットを片手でもち
腰を深く落としていることから
片手波動球かと思われますが、
構えがそれとは微妙に違います。

そして足の力の入れようも半端じゃありません!

ダンッと強く踏み出す音が鳴り、
両足にググッと力を込めます。

その様子を見を開いて緊張したような
面持ちで見つめる対戦相手の天根と黒羽。

次の瞬間、
河村の超強力なショットが炸裂!!!

見開き2ページを使った迫力あるシーンです!

片手の波動球に前の動きが組み合わさったような感じで
天根と黒羽は二人とも受けきれずラケットが宙を舞う!

将来六角を担うであろう小学生達も
口を大きく開けて驚くばかりだった。

このシーンでも見開き2ページを丸々使うという
ネームもかなり豪快な感じですね(笑)

河村は片膝をつきながら
してやったりという顔になります。

さすがのリョーマもこのショットには
冷や汗をかいて驚いています!

そして大きな歓声が湧き上がります。

ギャラリーの台詞から、
その技はダッシュ波動球という名になったようです!

シンプルですが豪快さを感じるネーミングです。

あの時、桃城はアレをやると言っていたのは、
自分のペースに持ち込むための
ただのはったりだと乾も思わされていたようです。

まさに桃城はくせ者!

誰もがハッタリか、何かをするにしても
桃が何かやると思わされていたのです。

六角の2人もその作戦にまんまとはまり、
その後試合は拮抗していきます。

ゲームカウントはついに6-6となり
青学が追いつきます!

そして、六角がチャンスボールとなり、
天根が思いっきりスマッシュを打ちます!

が、桃城が河村にアウトだぁーー!と叫び、
本当にその通りボール1個分アウトとなり…
青学が7-6で勝利!!!

5-0から大逆転という劇的な幕切れに!

あれから六角側はダッシュ波動球を
ずっと警戒していたそうだが、
結局打ったのはあの1球のみ。

河村曰く、あんな球1試合に1回以上打ったら
腕を痛めてしまうという。

つまりそれも作戦だった!

相手に大技があると意識させることで
気を散らす効果があったのだと思われます。

黒羽は桃城の肩に腕を回し、
すげーなお前ら負けたぜ!と
素直に相手を賞賛し負けを認めます。

やはり彼は根っからいい人に思えます(^^)

天根は河村にお前たちとまた試合やりたいと言うが、
河村は当分カンベンとやんわり断ります(笑)

それからほとんど間髪入れずに
ダブルス1の試合が始まろうとしていた。

青学のダブルス1は菊丸英二、
そして不二周助のペアです!

これまた見たことがない組み合わせですね!

どんな試合をしてくれるのか楽しみです!