Genius84 真剣勝負

いきなり始まった青学内での紅白戦!

とっぱじめから越前リョーマと不二周助という
ビッグカードにみんな注目しています!

レギュラー陣は大方不二が勝つと見ていますが、
桃城だけはリョーマのほうに期待しています。

どこまで不二先輩に喰らいつけるか、と。

リョーマは最初から本気モードでいくようです!

いきなりスプリットステップの動作を見せます!

周囲はどこにそんな体力が残ってるのかと驚きのようです!

少し前までコートの周囲を30週以上してましたからね。
たしかに驚きです!

体育の陸上の授業があるとすればいい成績を残してそうです(笑)

リョーマは小刻みにジャンプしながらさっそく強気な発言。

不二先輩
倒しちゃってもいーんすよね?

不二は無言だったが笑顔でそれに応えます。

まずは不二のサーブから始まり、審判は手塚が務めます。

どこか手塚も気合が入ってる様子です。

不二はリターンで攻め込むことを読んで
リョーマを左右に振って足止めしようとします。

リョーマはさすがと思いながらも強気な姿勢は崩さず、
攻めあるのみ!とかまわず前に出ます!

ふつうでは考えられないデタラメなスピードに不二も驚きます。

それを可能にしてるのは1本足のスプリットステップ!

それには普段冷静な不二もゾクッとして
ワクワクするめずらしい表情を見せます!

ふつうの選手だったらここで決めれるところだが、
不二はあっさりそれも拾うから一筋縄ではいかない!

これだけでも弟の裕太よりはるかに強いことが伺えます!

二人揃っておもしろいと言い、
お互いの得意プレーがいよいよ出ようとしてます。

「三種の返し球(トリプルカウンター)」受けてみるかい!?

ドライブBで崩してやる!!

さあ、どちらが優勢となるのか!
ものすごく楽しみです!が、続きは次回に持越し。