Genius266 その約束を糧に

全国大会が始まる直前。

大石は手塚と急遽試合をしていましたが、
それをよく見ていなかった者がいた。

菊丸英二です。

何の試合だよ、

一緒にナンバーワンダブルスになろうって
言ってたじゃないか、

大石の大バカヤロウ!!と思っていたようだが…

菊丸は得意のステップで甲斐裕次郎を翻弄し
どんどん攻め立てます。

青学の応援団は菊丸もシングルスいけるよ!
と盛り上がりを見せるが、大石は複雑な心境だった。

菊丸は大石とじゃなきゃ
もうダブルスはやらないと決めていたのだが、
手塚との試合で手首が治っていないことに
ショックを受けてしまう。

関東大会前に妊婦を助けたときの怪我です。

その日の夕方、菊丸は大石になにやら
涙ながらに訴えます。

大石は目を閉じて申し訳なさそうにするばかり。

おそらく、手首が完治していないことから
レギュラーを自ら降りたのだと思われます。

それでも補欠には入るでしょうけど、
菊丸は大石とじゃないとダブルスはやらないと
決めていたので納得いかなかったのでしょう。

試合は完全に菊丸ペース。

菊丸バズーカが見事に決まり、
3-0と大きく甲斐を突き放す!

甲斐は菊丸のスタミナ切れを狙っていた。

左右前後へ周到に打ち続けていたが、
一向に菊丸の息は乱れない!

菊丸は以前、スタミナが弱点になっていたのだが
低酸素トレーニングを積んだことで
タイブレークまでいける自信もつけていた!

これで大石の足を引っ張らずに済むと
喜んでいたのだが、大石は手首を押さえ
神妙な面持ちになるばかり。

ともあれ、試合はとても順調!

4-0とさらにリードします!

菊丸の体力は以前の倍はついてるようで、
まだまだ余裕な感じです!

完全に会場のムードは青学がつかみ、
このまま3連勝かという展開になります。

が、甲斐は本気を出していなかった・・・

彼はいままで右手で打っていたが
実は左利き(レフティ)、
しかも裏手を得意とする選手だった!

少しだけ嫌な予感がする展開です…