Genius164 それぞれの戦い

竜崎桜乃と小坂田朋香が久々の登場です。

2人の目的はもちろん
リョーマ様の試合を見に行くこと(笑)

桜乃は女子テニスプレイヤーの服装で、
朋香はチアガールのようなへそ出しルックの
大胆な格好をしています。

すでに試合は始まっていて、
リョーマは季楽靖幸と対戦していた。

すでに激しい攻防が繰り広げられている感じです。

彼は全日本選手権4連覇を成し遂げた
気楽泰造の息子ということで
なかなかの実力を持っている模様。

女子二人組の目には
ちょっと苦戦しているように見えた。

桜乃は困った顔になって心配してますが、
朋香はさすがに関東大会ね…
リョーマ様がんばってー(ハート)と
ノリが全然違います(笑)

そこに月刊プロテニスの2人が登場し、
女子二人組はリョーマの対戦者が
どんな人物かを知ることになります。

ええ~~~全日本選手権4連覇した
元プロの息子さんなの~!?

それを大声で言うもんだから
リョーマもその事実を知ることになる。

その元プロもいたって冷静に
息子の状態を観察していた。

一緒にいた串田というコーチに
今日の靖幸はフォロースルーが悪い、

試合後すぐに調整させなさい、

あれでは全国大会へ行った時
必ずボロが出るぞ、と。

そして息子の靖幸も冷静沈着。

別に恐縮しないでよ、と
いつものように真顔で話しかけてきます。

たしかにパパは全日本選手権4連覇は
未だに破られてないケド
たぶん世界に行っても通用したと思わない?

そう淡々と言いつつ、
汗かくのあんま好きじゃないんだ~、
汗かいちゃう前に終わらせるからね

とリョーマに堂々と宣言し出します。

更にスピードを上げてきた季楽靖幸のプレイに
月刊プロテニスの井上も感心します。

英才教育を受けてるということで
やはり只者ではない感じでしょうか。

その試合のさなか、意外にも会場内に
越前南次郎が登場します!

最近のガキ共はこんないいトコで
試合してんのかよ 世も末だぜ…

とぼやきつつ、暇だからべっぴんさんの
お尻でも見ていくことに(笑)

さっそく女学生によっと声をかける南次郎。

日本人の中ではかなり大胆なほうかと(笑)

肝心の試合はリョーマも乗ってきた感じで
逆に緑山サイドを圧倒し始める。

まともなコーチにつけば
キミももっと上達すると思うよ~

という季楽靖幸のアドバイスなど意に介さず
別にと返すだけのリョーマ。

コートの外で見ていた緑山中コーチ陣は
リョーマの凄さに気づき始める。

気楽以外のコーチは靖幸くんと
互角に打ち合ってると思うだけだったが、
実はそんなレベルではなかった。

リョーマはなんと季楽靖幸の打った打球を
全く同じコース、スピードで返していた!

それに当の本人も気づき、
信じられない様子だった。

運良くコードボールになるも、
リョーマはそれを脅威の脚力で追いつき
同じくコードボールで返したのです!!

汗だくじゃん

そう、いつのまにか季楽靖幸の方が
汗ダラダラ状態になっていました!

気楽プロはリョーマの人をくった様な
テニススタイルにイヤな感じをしていた。

過去に見覚えがある様子ですが、
それをすぐに思い出すことになります。

後ろを振り返ると、
そこには越前南次郎の姿が!

しかし南次郎は息子に試合に興味はないのだろうか(笑)