Genius160 手塚の旅立ち

手塚が方の治療のために
九州へ行くことになったことが前回わかりました。

いつもの1年生たちの会話からどうやら宮崎県にある
青春学園大附属病院へ行くらしいです。

ある練習日にリョーマは乾から
手塚と大石が西門の方で探してたことを伝えられる。

言ってみると2人が何やら話し込んでいた。

大石は手塚がいなくなることを不安に思っていた。

自分なんかが部をまとめられるだろうかとか
手塚がシングルス1に居てくれたおかげで
みんな安心していつものプレイが出来てたとか。

リョーマはその会話を少し離れた場所で聞いていたが、
いきなり話の内容がガラリと変わった。

越前も強いけどぶっちゃけ手塚(おまえ)の
1年の時の方が凄かったよな!

それにリョーマはピクッと反応する。

そして落ちてくる葉っぱにサーブを当てる話に。

手塚は26枚連続で当てた記録をもってるそうで
もう誰も破れないだろうなあと大石はぼやく。

リョーマはその話で火が付き、
さっそくやってみますが葉っぱをひらりとかすめ
当てることが出来なかった。

相当難しいことに思えます。

今度は正門付近に大石と手塚がいた。

桃城をそこへ呼びつけたらしいが、
また意味深な会話をしていた。

桃城のやつもパワーアップしたけど
まだ関東を勝ち抜くにはなあ…

ぶっちゃけ2年の頃のおまえのパワーの方が上だな

その台詞にカチンとくる桃城(笑)

ただやみくもに筋肉をつければいい
というわけではないよな

もっと体全体を使って腰の回転で打てればなぁ

そういって今度は切り株の武勇伝に話を移す。

人が余裕で座れるほど太い切り株を
手塚はボールを当てて倒せるのだという。

大石は当ててもビクともしないらしいから
手塚は相当パワーがあるというか
打ち方がものすごくうまいのだと思われます。

それに触発された桃城はさっそくチャレンジします!

で、大石がメンバーを呼んだのは
そうやってさりげなくまだまだだということを告げ、
一念発起させることが目的だった!

次は東門付近で海堂を触発するらしいです。

それに手塚はボウリング以来
性格変わったなと突っ込みを入れるのでした(笑)

そして場面は空港へ。

手塚はメンバーに迷惑をかけたと詫びをいれるが、
竜崎が言うように誰も責めたりはしません。

関東大会で勝って全国への切符を手に入れとくから。

そんな会話をしていると、
越前、桃城、海堂の3人が来ていないことに
メンバーが気づきます。

来ていない理由を知ってるのは大石と手塚だけ。

2人は向き合ってうなずきます。

アイツらがきっと…
おまえ(手塚)の穴を埋めてくれるさ!

その期待通りの活躍を見せるかのように
3人はもくもくと練習に励んでいた!

海堂が何を言われたか気になりますね!

手塚を乗せた飛行機が無事離陸していきました。

空港へ見送りにきたメンバーが学校へ戻ると、
すごく活気づいていた!

手塚がいなくなって寂しがってると
大石は思っていたのですが
どうやらその心配は無用なようです(^^)

これからしばらくは大石が部長代理として
部を牽引していくことになりそうです!

飛行機内でビジネスマンに間違われる
手塚の姿はどこかでおちゃめで面白い(笑)