Genius343 散りゆく者達への鎮魂歌

白熱する焼肉バトル!

トップを独走するのは沖縄勢!

巨漢の田仁志慧がトングを箸代わりにして
肉を一気食いするという荒業をみせる!

不二は見てると食欲がなくなると感想をもらす(笑)

負けず嫌いの桃城とリョーマも
どんどん食べまくるが
こんなときでも焼肉奉行の大石は注意する…

焼きが甘い!肉汁をなんだと思ってるんだ!

という感じでかなりうるさい(笑)

唯一沖縄に対抗してるのは氷帝!

樺地が田仁志のトング食いを吸収し食べまくる!

四天宝寺の網は肉が綺麗に敷き詰められていた。

完璧をつらぬくバイブルと呼ばれる男、
白石蔵ノ介のやり方だった!

地味だがロスが少なく効率は良さそうです!

だが氷帝と比嘉は圧倒的スピード!

早くも10皿完食!!

だが、10皿ごとに乾特製ドリンクが出るルール。

今度はペナル茶という赤くて辛い液体が登場!

見た目はすでに人間の飲み物ではないが、
田仁志はこれもあっさり飲み干す!

どうやら島からしのほうが辛かったそうだから
余裕だったそうです!

対する氷帝は宍戸が挑戦することに!

とても勇敢だったが最初から諦めていた…

あばよ長太郎といってぐいっと飲むと…

得意のダッシュで外に飛び出しリタイア!!!

四天宝寺は一氏ユウジが挑戦しお釈迦に…(笑)

青学は不二がまた飲んでくれたので
犠牲者は出なかった。なんたる幸運。

ここで、殺し屋が動き出す。

沖縄の辛い調味料であるこーれーぐーすを
四天宝寺・石田のタレにこっそり入れだす…

石田は肉を食べた瞬間リタイアとなった…

30分が経過した時点で比嘉中がダントツトップ!

リタイアも誰一人出しておらず
このまま独走かと思いきや…

木手永四郎が余裕こいて
網を替えようと提案すると・・・

甲斐がなぜか肉が乗っかった網ごと
バイキングホーンを放ってしまい・・・

肉が比嘉中メンバーの額に乗り…
比嘉中が脱落・・・

全くもって意味不明で強引な展開です(笑)

おそらく比嘉中が勝っても
絵にならないと誰かが思ったのでしょう…(笑)