Genius232 追憶

越前リョーマと手塚国光は以前、
高架下のコートで戦ったことがあります。

今回はその試合で描かれなかった部分がわかります!

手塚のサーブから試合は始まります。

遠慮はいらない 全力で来い越前!

そういってサーブの体制に入る。

リョーマは言われなくても
そのつもりっスよと余裕な感じだったが…

いきなり目にも止まらぬ速さのボールが!

へぇ いきなり速…とリョーマが言おうとすると、
手塚の真剣な表情を見て自然と言葉が遮られる。

リョーマもすぐ本気モードになり、
激しい打ち合いが続きます!

片膝をつく様子からして
早くもリョーマは劣勢に立たされてる雰囲気に…

どうした越前 俺を倒してみろ

手塚はそういってリョーマを鼓舞します。

場面は一旦現在へ。

真田はさきほど自分の目に映った
サムライのようなものは何かと気がかりだったが、
ジャンプしながら見事なショットを決める!

これが全国で数々の修羅場を経験してきた男の強さ!

15-15ということで、
あと3ポイントを取られるとリョーマは負けになる。

疲労感はさらにすごいことになってるようだが
まだまだ気持ちは負けていない。

そのときの気持ちは手塚との対戦でも同様だった。

手塚はリョーマを強いと認めるも
このままでは全国では勝てないと思っていた。

そしてリョーマの実力はそんなものではないハズだから
己の中に潜む潜在能力を解放することを
手塚は狙っていた。


俺が絶対に返せないショットを打ってこい!

打ってこい!そして…進化しろ越前!!

そう思いながら打った手塚もまた…

コート越しにサムライを見る!

リョーマは打ってやるさ!!と
手塚の期待に応えるように思いっきり
ラケットを振りかざします!!!

残念ながらここで話は区切り!

リョーマにはまだ隠し玉が存在しそうな予感がします。