Genius184 爪痕を残して

竜崎は部室にて、
あるビデオテープをレギュラー陣に見せる。

それは関東大会のもうひとつの準決勝である
立海大付属VS不動峰を記録したビデオだった。

月刊プロテニスの井上が撮っていたものらしく、
竜崎はいつにもまして真剣な表情です。

このビデオには真実しか映っておらん。

よーく見ておくんだよ、
これがお前達の決勝の相手だ!!

それには驚きの光景が記録されていた…。

ダブルスの2試合は6-0と圧倒され、
神尾は悔しいあまり涙目になっていた…。

石田は自慢の波動球を打つも
なんとドロップショットでそれを返されるという
まさに圧倒的な実力差だった・・・。

途中の扉絵では新聞の一面記事が掲載される。

そこには立海大付属全国3連覇へ
という見出しがデカデカと掲載されており、
青学はCランク扱いされていた。

対する立海大付属はトリプルAランク・・・。

驚きのあまり言葉を失うレギュラー陣達。

桃城は唯一の全国選手である
橘までは回らなかったと一瞬思ったが、
その試合もしっかり記録されていた。

相手は2年生エースの切原赤也。

橘は最初いい勝負を展開しているように見えます。

逆をつかれるショットも後ろ向きのまま返す
かっこいいフォームを披露するも…

切原は明らかに橘の顔を狙ったショットを打ち続け、
結局試合は6-1と圧倒されてしまう…。

あまりの強さに言葉ではなく
冷や汗ばかり出てくる青学レギュラー陣…。

立海大付属は全員が全国区プレイヤーだから
手塚が7人いるようなもの…。

もはやレベルが違い過ぎます!

橘と切原の試合を直接みたリョーマは
何を思ったのでしょうか。

河村は六角戦でアップしたときに
この試合を見てたんじゃ…と気付く。

1年だし相当ショックはでかいだろうなぁと思うが、
不二はそれに反論します。

越前はそんなヤワじゃないと思うよ、と。

その間、リョーマは壁打ちをして
ひたすら練習に励んでいた。

このままではアイツに勝てない

なら…

COOLドライブ

アレを完成させてやる!

と意気込みながら練習に没頭します。

おそらくアイツとは切原赤也のことだと思いますが、
クールドライブとはどんな技なのかは謎のまま。

彼なら必ずそれを会得し、
決勝で使ってくれるとは思いますが!(^^)

ビデオを観て驚いたレギュラー陣達も
ただ圧倒されていたわけではなかった。

桃城はたしかに立海は
今までのどの相手よりも強いと素直に思いますが、
どうしても奴らに一泡吹かせたいとも思います。

その気持ちは全員同じだった。

並々ならぬ闘志を感じさせます!

彼らは何かをやってくれると思います!

その頃、ある病院では大石が診察を受けていた。

よく頑張ったね秀一郎と言われてることから
手首はおそらく治ったのでしょう。

決勝ではゴールデンコンビが見られるかもしれません!