Genius43 強さへの芽生え

竜崎先生
越前と試合をさせてください

手塚の一言で始まった夢の試合。

場所は青学コートではなくどこかの高架下のコート。

跳ねない・・・!?ドロップショットを決めた手塚が
リョーマにこんな一言を言い放つ。

越前 お前は青学の柱になれ

・・・電車の中で大石は手塚に少しお怒りの様子。

全力を出すとは聞いていなかったぞ。

全力でいかなければやられていた・・・のか?

すると手塚が病院にいっていいか?と聞いてきたので
おそらく手塚はどこか負傷しているのでしょう。

それで大石は心配していたのです。

そしてもうひとつの心配なのがリョーマのこと。

越前は乗り越えてくれるだろうか

今後の為とはいえちょっとショックだったろうな
あいつ負けたことなさそうだし

やはりリョーマは手塚に敗北していたのです…

よく見るとリョーマはしっかり利き手の左手でやってたので
どちらも本気だったことは間違いないなさそうです。

手塚は返答が少し遅れた。

高架下のコートで練習しているリョーマの姿を見ていたから。

夕方、自宅に帰ったリョーマは
自分から父・南次郎に試合を申し込みます。

南次郎がハンデはどうする?と聞くと、
いらない、とすごく真剣な表情を見せます。

南次郎と打ち合いながら
リョーマは手塚との試合を回想していた。

手塚の絶妙なドロップショット

とても綺麗なフォーム

ネットギリギリのところをボールが舞い
全く跳ねずに後ろに転がるショット・・・

そして手塚を見上げるリョーマ・・・

その瞬間、大きく目を開いたリョーマは
渾身の一撃を打ってポイントを奪います!!!

ーーーーーーっし!

リョーマがめずらしくガッツポーズを見せます。

そして南次郎にこう宣言します。

親父

強くなりたい もっと もっと!

南次郎はこの様子を見て青学へやって正解だったと心に思います。

誰かはわからんが今のリョーマに
必要なことをしてくれたと確信したのです。

これこそ以前、記者の井上に教えなかったことでした。

つまりリョーマを燃え立たせること!

こいつ 生まれ変わるぞ

南次郎は更なる期待をリョーマに寄せるのでした。

これからのリョーマの成長ぶりに期待しましょう!