Genius276 強さの原点

桃城は相手の心理状態まで読めるほどの
洞察力を会得したのだが、
急に忍足の心が読めなくなる。

だが、気後れは全くしていない!

やっぱそうこなくちゃ面白くねぇ!
と逆に楽しんでいる様子です。

桃城の洞察力は跡部も認めるほどのものだが
彼が言うように相手が悪かったかもしれない。

氷帝の天才は心を閉ざすことが出来るらしい…

F&D(フェイクアンドドロップ)

完璧とも言えるドロップショットを放つ忍足!

1ゲームをとって流れを引き寄せる!

手塚は随分ポーカーフェイスな奴だと突っ込む。

不二と忍足は思わず手塚の方を振り向く…(笑)

その後、試合は完全に忍足が支配する。

桃城の洞察力をもってしても
全く逆の方向に打たれてしまう。

今度はF・A・S(フラットアプローチショット)
という技を使っていた。

構える暇さえ相手に与えないほどのショット…

さらにS・S・A・S(サイドスピンアプローチショット)
というスネイクにも似た技を放つ!

彼は千の技を持つ天才と
チームメイトから絶賛されていた。

桃城がそのボールを追いかけていると…
その先には照明の柱が!

思いっきり頭をぶつけてしまう!

流血してしまうほど強い衝撃だったようで…
まわりはもうダメだと思ってしまう。

5-4と逆転もされてしまい、
何もかも絶望的な状況に・・・

だが、桃城はまだまだやる気十分。

ラケットを持っていくなと心のなかで強い意志を示す。

その想いが通じたのか、
ラケットを拾い上げたのは…リョーマだった!

暴れ足んないっスよね桃先輩

そういってラケットを手渡すリョーマ。

桃城は10分で倒してこいって事かよと突っ込むと
リョーマは…もちと当然のように答える。

そして桃城は立ち上がり試合は続行される!

跡部がここで忍足に呼びかける。

それが警告だということは彼も十分わかっていた。

青学は何をしてくるかわからないことを。

そう、青学は決して諦めないことから
奇跡を呼び起こすメンバーたちです。

忍足は油断せず全力で桃城を倒しに行く!

ここで桃城も勝負に出る!

十八番のジャックナイフを放ちます!

前半を70%の力にキープすることで
相手の目をそのスピードに慣れさせ、
100%のちからをそれ以上に
演出することができると忍足は分析。

そしてロブを打ってスマッシュを誘う。

忍足もまたここまで70%の力で戦っていた!

だが…忍足のラケットに穴が開く!

見事桃城は羆落としを破ったのです!

桃城はいままで70%どころか
30%か40%の力でやっていたのではないかと
忍足は思った。