Genius50 強すぎる奴等

都大会がついに始まりました!

青学は圧倒的な強さで勝ち進み、越前リョーマにて4連勝!

ゲームカウントはすべて6-0と
もはや反則のような結果が並んでいます(笑)

リョーマは都大会で唯一の1年レギュラーということで
けっこう有名になってきてる模様です。

それで周囲がザワついていましたが、
次の試合が始まろうとしたとき嘘のように静まり返ります。

シングルス1に我らが部長・手塚国光の登場です!!!

なんと試合が始まる前の立ってる姿だけで
見開き2ページを使うという堂々っぷり!

この時点で色んな意味で別格なので笑ってしまうくらいです!

相手は鎌田中という学校の選手で、
心のなかでは全国区だろうと同じ中学生じゃないかと
ちょっと強気になっていますが・・・

最初の1球でもう考えてる余裕すらなくなってしまいます!

手塚が打ったサーブはものすごいスピードなうえ、
角にピンポイントで捉えノータッチエースとなります!

相手はそれを見て嘘だろ…と青ざめるだけ・・・

次のショットは逆サイドを狙ってノータッチエース!
もちろんボールが落ちた場所は最も角の部分!

コートの外ではお調子者がこうほざいていた。

おめーら単純だな

オレが見るにフラットサーブに
少しスライス回転を与えているようだ

少し上目遣いで鉢巻をしたその輩は日比野五中の入来という男。

左手から外へ逃げていくボールを
コーナーギリギリに決められたら取れんわな

だが俺なら・・・

と言った瞬間、手塚は3連続ノータッチエースを決めます!

さっきまでのドヤ顔はどこへやら。

入来はもう青ざめた表情になって弱気になってます(笑)

おそらく彼の出番はこれで終わりだと予想します(笑)

青学1年生たちもあれが部長の実力と驚いてますが、
リョーマはまだまだあんなもんじゃないと
いつにもなく真剣な表情を見せます。

本気の手塚と戦ったことがあるからこそ言える言葉ですね。

不二はそのリョーマの言葉を聞いて、
意味深な顔で見つめたあとへえと心のなかで思います。

おそらく察しがついたのでしょう。
リョーマと手塚が戦ったことを。

まだまだ今のは準備運動だねとリョーマが続けると
会場はザワつきます。

あ、このときのコマで入来くんが写ってます(笑)

これが本当に最期の出番となるでしょう・・・・

そして不二曰く、
手塚が本気を出せる相手は少ないらしい。

やはりリョーマは本当にすごいのだと思います。

そうこうしてるうちに試合があっという間に終了。

カウントは発表されていませんが、
まあ当然のごとく6-0でしょうね!

今年の青学は死角なしだというコマの上にて、
またも入来くんが写っていました(笑)

これがマジで最後でしょう!

そしてこの回の最終ページで気になる場面が。

なにやら青学を偵察している二人の男がいます。

見たことがない制服とジャージということで
都大会で立ちはだかる新たな敵である可能性が高い。

彼らはリョーマを特に警戒しているようだが・・・