Genius365 動き出した時間

不二が仁王に7-5で勝利し、
手塚越えと前回のリベンジを同時にやってのけます!

不二はベンチに戻ると真っ先に手塚に願い出る。

この大会が終わったら僕と勝負してくれるかい?と。

手塚は快諾し二人は握手を交わす。

その様子を見てリョーマは
何か思ったような様子を見せるも、
まだ何も思い出せないようだった。

このままでは試合どころではありません…

彼の出番まではまだ時間がありますが
果たして間に合うのでしょうか…

コードボールのカウンターということは
白石戦を糧に克服してきたと思った遠山金太郎は、
意外と白石も使えへんなぁと
冗談をいって怒られます(笑)

そして仁王はよほど殴られたくないのか
奥の観客席に座りだす…(笑)

そうこうしてるうちに
第4試合が始まろうとしていた。

立海のダブルス1は丸井ブン太・ジャッカル桑原ペア!

そして青学のダブルス1は…

ついに復活!大石秀一郎・菊丸英二の黄金ペアです!

これが彼らにとって最後のダブルスとなる。

菊丸の目に涙が浮かびます。

両校の声援も熱を帯び、
ジャッカルのサーブからゲームが始まります!

…この試合を深刻な表情で見ていた桃城は…

リョーマを突然連れ出そうとする!

アップに連れ出して思い出させようと思ったのです。

手塚から許可を得て会場の外へ向かう二人。

その様子を大石はしっかり見届けていた。

ついに最終決戦へのカウントダウンが
始まったような展開です!