Genius143 動き出した奴等

不二周助の3つ目のトリプルカウンター「白鯨」

バックの超スライスでホップした打球が
ロブのように上昇したあとそのまま真下へ落下し、
強力なバックスピンにより
自身のコートまで戻るという神技・・・

逆風も利用したそうですが、
この程度の風?というほど弱い風。

それがあんな神技の前兆だとは
誰も思わないでしょうね!(笑)

ベンチコーチをするリョーマに
不二裕太が話しかけてきます。

神技プレイを見て触発されたのか、
オレの最終目標はやっぱり兄貴だ!と
改めて決意を表明します。

リョーマは、ふーん いーんじゃない別に
といつものようにそっけない返事ですが
顔は裕太と同じくちょっと嬉しそうな雰囲気です。

お互いに良い目標になってるのかもしれないですね!

そして試合はあっという間に終了。

不二が6-1でジローを圧倒!!!

これで青学は2-1となり氷帝戦で王手を取ります。

乾は不二のデータを取らせてもらったと
言いかけたところリョーマにまだまだっスよ、
突っ込まれます。

本人に向かって、…ね、と言うと
彼はクスッと笑ったところから
まだまだ不二は本気じゃないと思われます!

氷帝側は不二の強さに驚愕し、静かになってます。

でも、当の負けた本人だけ賑やかです(笑)

くっそーくやC(シー)と笑顔で言ってます(笑)

不二にあの白鯨って技まじすごいよとか
スマッシュをダイレクトに返すアレなんだっけ?とか
いろいろ聞いて逆にテンションが上ってます。

なかなかこういうキャラも珍しいですね(笑)
平和を感じる良い場面だと思います(^^)

また対戦したいといいつつ、
オメェより強い奴なんているんかい?と
咄嗟にちょっと意味深な質問をしだします。

すると不二は即答します。

うん いるよ、と。

ついに手塚部長が登場します!!!

彼がコートに出てくると会場はざわつき始めます。

それだけではなく、
有名校が続々と集まってきました!

第3シード千葉代表の六角中に山吹中、
そして王者と言われる立海大付属も!!!

次の試合の注目度がそれだけで高いことがわかります!

手塚は立海大付属の真田の方を見ます。

何かの因縁があるのかどうかは不明ですが
過去に何かあったのかどうか気になりますね。

ジローも納得します。手塚は別格だと。

彼によると高校やプロのコーチまで
視察に来てるらしいですね。

それに対し、不二はそれとたぶんもう1人と言います。

そう、もう1人すごい人物がいます。

氷帝学園の部長・跡部景吾

手塚の相手は彼です!

お互いの強さはまだ未知数なところが多く、
どんな試合展開になるのか非常に楽しみです!