Genius349 敗れた手塚ゾーン

手塚ゾーン+百錬自得の極みですら
真田の雷を破ることができなかった・・・

手塚の腕力も問題もあるかと思われるが
もはや返せるレベルの球ではない。

手塚のラケットはまるで雷が落ちたかのように
黒く焦げているようにも見える…

ここで手塚は意味深なセリフを吐く。

返せない打球ならば…返さなければいい

これはいったい何を意味するのか。

単純過ぎる解釈だと負けを認めたことになるが…

真田の勢いは止まる気配がない。

相変わらず雷(らい)を連発する真田に、
手塚ですら為す術がない絶望的な状況…

息を乱し立ち尽くす姿は初めて見ます…

それほど追い込まれてると思われ、
手塚が敗退するムードが流れ始める…

ここでリョーマと二人きりの会話シーンが明かされる。

リョーマは手塚ゾーンで全て外に
出しちゃえばいいのにと話を切り出していた。

すると手塚は不可能だといいます。

シングルスの場合、センターマークに立った場合、
8.23メートルの真ん中に位置する。

その場のターンでカバー出来るのは
半径およそ1.5メートル。

コーナーギリギリに打たれたとして
左右2.6メートル分を事前に回転をかけ
自分に引き寄せればゾーンは完成する。

だが打球を外へ出すとなると
センターに打たれた場合
およそ4.2メートル分をも動かす
外回転をかけなくてはならなくなる。

つまり並大抵の回転力では無理なのだが
リョーマはそれでも可能ってことだと解釈する。

手塚はそれを実践してみせた!!!

初めて雷の打球がアウトとなる!!!

だが、竜崎は即座にその危険性に気づく。

これ以上腕に負担をかけるつもりか!?と…

手塚の周りにはこれまでとは違った
外側へ回転する白い煙が発生していた。

返せない打球ならば…返さなければいい

それは打球をすべてアウトにするという意味だった!

すばらしい逆転の発想だがリスクが気になります…