Genius275 読めない男

桃城はとんでもない進化を遂げていた!

風の動きまで完全に把握することで
ボールの打ち加減を巧みにコンロールし
3-0と大きくリードします!

試合は忍足侑士が完全に攻めてるにも関わらず
そのポイント差は不可解なほど見事!

一緒に山で修業をした河村は思った。

気付いたんだ、と。

そのポテンシャルをこの試合の中で気づく
跡部景吾もまたすごい!

風の動き、打球音、忍足の仕草、
呼吸、目の動き、相手の心理状態まで読み解き
洞察力が研ぎ澄まされてることを。

これはもはや何かの達人レベルです!

桃城はさらにすごいプレイを見せる!

ボールを高く打ち上げてしまい
相手のチャンスボールになったと思いきや…

ボールは太陽のど真ん中へ!

太陽の位置まで計算して打ったのです!

そこで、忍足は機転を利かせ
ボールの影を見て打つことを思いつく!

だがその直後!ボールの影と人影が重なる!

桃城がダンクスマッシュの体制で
すかさずボールの影を隠したのです!

これで4-0となりさらにリード!

乾は思った。

ついに自分の最大の武器を自覚したか、と。

彼は洞察力に優れた能力を持つ
すごい人物だったのかもしれません!

会場は桃城コールで大盛り上がりを見せる!

六角の黒羽はなんならアレ御見舞してやれ!
と声援を送っていることから
まだ何か隠し玉があるのは間違いありません!

いろんな意味で桃城ペースになっていた!

…が、忍足の雰囲気が突如変わった…

その瞬間から忍足の心が急に読めなくなり…

サービスエースを奪われてしまう!!!

これはいったいどういうことなのか…