Genius251 全国開幕!

東京都立アリーナテニスコートにて
ついに全国大会が幕を開けます!

選手たちが次々と入場してきます。

立海の真田が優勝旗を返還する
セレモニーが行われます。

リョーマは選手入場の時点で眠そうにしていた。

今回は寝坊しないようにと
桃城が迎えに行ったようです。

そうこう言ってるうちに第1試合が始まります。

六角中(千葉)と比嘉中(沖縄)の対決です!

この試合で勝った方が青学と当たることになります。

桃城は黒羽と佐伯に声援を送る。

そして第1試合のシングルス3が始まろうとしていた。

最初のカードは葵剣太郎と知念寛(3年)。

今大会は特別ルールとして
シングルスとダブルスを交互にやっていくとのこと。

知念は前髪だけ金髪にし、
目がギョロッとでかく身長が高い細身の選手。

剣太郎と身長差があることをいいことに
わざとキョロキョロして気づかないふりをする。

剣太郎がここです
よろしくお願いしますというと、
あい いたの?小さすぎて見えなかったさぁ
と嫌な感じ。

試合前半は知念が3-0と大きくリード。

沖縄のギャラリーは盛り上がりつつ
悪口も混ぜる嫌な連中のようです。

方言混じりでよくわからない部分が多いが
樹は悪意を感じうるさいと思った。

でも黒羽は言わせとけと冷静です。

そしてそろそろ剣太郎のテニスが来ると言います!

そう、彼は追い詰められて力を発揮するタイプ!

さっそく得意のコードボールを狙って打つ!

人を見た目で判断すると痛い目見ますよ

いゃーがなぁ!(お前がな!)

なんと知念は瞬時にコードボールにも反応し
見事打ち返してみせたのです!

彼は一体どんな技を使ったのか・・・