Genius197 絶望

丸井ブン太にボールを触らせたら最後。

天才的なボレーを打たれてしまう…。

妙技・鉄柱当て

ポールの上部にボールを当てて
相手コートに入れるという神技・・・

ゲームカウントは3-0と
立海が圧倒的にリードしてしまう・・・。

青学は奇襲に失敗し
完全に主導権を握られた形になってしまいます。

精神的ショックが大きく、
それが焦りへと繋がってしまうまずい状況です。

堀尾はあの時ブーメランスネイクさえ
決まれば主導権握ってたのになと悔しがる。

それを聞いた丸井ブン太は、

打たせてやるよ

ただし キッチリ返すぜ…

ジャッカルが!

と言い放つ!(笑)

海堂はその台詞で火が着いた!

1年坊主たちは必死に声援を送ります!

海堂のサーブでゲームが再開。

丸井ブン太はさあ打ってこいといって
コーナーへボールを返します。

マジでそこに返してきたことに桃城は驚くが
海堂は打つことに集中していた。

心のなかで名台詞が轟く。

あんまり海堂薫をナメんじゃねえ!!

打つ直前、桃城は気づく!

なぜ一度も見せていないにも関わらず
あの位置からじゃないと打てないことを
丸井ブン太は知っていたのか。

まさか知ってて…と思った桃城は
海堂に打つな!と声をあげる!

ここで柳蓮二が口を開く。

海堂くんのポール回しが入る確率…92%

海堂はブーメランスネイクを放つ!

心配台の下を抜け、
シングルコートにもしっかり到達する
切れの良いショットが観客を驚かす!

たしかに柳の言う通りいい打球打つじゃん

ジャッカルが即座に打つ体制に入る!

ここで一瞬、海堂がポール回しの
特訓をしていたときの光景が浮かぶ。

そして、柳の口が再び開く。

ジャッカルのポール回しが入る確率100%…

なんと彼もポール回しを修得していた!

立海は青学のデータを知り尽くしていた…。

遠いーねぇ…コレを外させるまでは

コレとはパワーリストのこと。

青学にとっては悔しいが
まさにその通りの展開になってしまっている…。

桃城と海堂に勝ち目はあるのか…。